お口のトータルケア。360°歯ブラシのビバテック

よくあるご質問

ペットケアに関するよくあるご質問 シグワン ハミガキサプリ ゼオライト

シグワン

シグワン360°歯ブラシは、どのような経緯で生まれたのですか?

ビバテックが発明した「360°歯ブラシ」は、ロングセラー商品となり、すでに多くのお客様にご愛用頂いておりますが、以前より360°タイプの特徴から、「愛犬にも360°歯ブラシを使わせたい」という要望が多く寄せられ、犬用に改良。

2010年、愛犬の健康と長生きを考えた「シグワン」が誕生しました。

人間用360°歯ブラシとどこが違うのですか?

小型犬用に改良されていますので、奥歯まで届くように人間用の子供用よりもさらにヘッドは小さく作られております。

また、嫌がらずに痛がらずに歯磨きができるよう毛の太さも超極細毛を採用し、当社製品の中でも一番細い0.07mm毛を採用しております。超小型は、0.06mm毛。

シグワン360°歯ブラシの大きさは、小型犬用だけですか?

いいえ。小型犬用(直径12.7mm)よりさらに小さい超小型犬用(直径11.7mm)が発売されております。こちらは、チワワなどの超小型犬のほか、猫やパピーから使える歯ブラシです。
また猫用の歯ブラシもご用意しております。

シグワン360°歯ブラシを使う際、歯磨き粉は、必要ですか?

毛数2万本とかなりの清掃効果がありますので、水だけで磨いて頂いても、十分な効果が得られます。

また、ご使用になられる場合は、当社発売の「ハミガキサプリ」など、無味無臭のペーストをおすすめします。

チキンペースト味などは食べ物と勘違いし、ブラシを噛まれる恐れがあり、適切なブラッシングができなくなります。

シグワン360°歯ブラシのの耐久性は、どれくらいありますか?

個体差や使用頻度にもより、変わってきますので、ブラシが痛んできたら交換するようお願いします。

大体の目安は、1ヶ月~2ヶ月程度です。

 

ハミガキサプリ

ハミガキサプリとはどのようなものですか?

「うがいができない」愛犬、愛猫に、防腐剤や研磨剤など不要なもの、または安全かどうか疑わしいものは、使う必要がないと考えています。「ハミガキサプリ」は、天然成分100%の液体ハミガキです。
また、わんちゃんに、人間のような清涼感も要りません。人間用によくあるミント味などは、犬猫は好きではないようです。

だからと言って、チキン味などの香料を使う必要もありません。なぜなら、本来の歯みがきができず、しつけの邪魔になるからです。「ハミガキサプリ」は、無香料、無味、無臭です。

わんちゃんが好きな味をつけて、歯みがき粉をエサと勘違いさせる歯みがきは、しつけにならないばかりでなく、「歯ブラシ」自体も、噛まれてすぐダメになります。
「ハミガキサプリ」は、わんちゃんと歯みがきのしつけを考えた商品です。

ハミガキサプリの成分に含まれる有用菌とはどのようなものですか?

成分に含まれるフルボ酸は、一般的に土壌菌と呼ばれるもので、特定の菌名を指すものではありません。中には、なっとう菌で有名な枯草菌(こそうきん)なども含まれていて、お口の中の悪玉菌(虫歯菌や歯周病菌など)に対して有効だと考えられています。

普段は、栄養がないので活動せず、眠っている状態ですが、いったんお口に入ると、フルボ酸に含まれる有用菌が、お口を清潔にし、口内環境を整えます。

ハミガキサプリは、どのように使用するのですか?

使用方法は3通りあります。愛犬の状態によって使い分けて頂けます。

【1】歯ブラシやガーゼなどで歯みがきができる場合
→歯ブラシやガーゼに2~4回程度スプレーを吹き付けて使用します。

【2】口臭などがひどい場合
→定期的に、直接、歯や口内全体にまんべんなく、2~4回程度スプレーして使用。

【3】歯みがきが全くできない場合
→飲料水300mlに対し、5~6回程度、添加して使用します。

※分量は目安ですので、多くても問題ございません。

こちらのフルボ酸には、フミン酸は含まれていませんか?

ハミガキサプリは、フミン酸は含まない純度99%のフルボ酸です。まず、フルボ酸とフミン酸との違いですが、腐植物から抽出し、酸及びアルカリに溶解するものを「フルボ酸」と呼び、アルカリに溶解するものを「フミン酸」と呼びます。フミン酸から分離生成し、最終生成されたものがフルボ酸であり、当社製品「ハミガキサプリ」です。

一般的に自然界の腐植物には、フルボ酸:フミン酸=2:8の割合で含有されていると言われています。また、フルボ酸は、希少価値が高くフミン酸に比べ効果が高いものです。フルボ酸が原料の「ハミガキサプリ」は、当社が初めて、口腔内のオーラルケアに良いと着目し、発売から多くのリピーター様に支えられておりますのでご安心ください。

ハミガキサプリはミネラルなどを含まれていますが、猫でも大丈夫ですか?

一般的に、マグネシウム(Mg)やカルシウム(Ca)の摂り過ぎが猫の結石(腎臓病)の一因なので、「ミネラル成分(Mg,Ca)が含まれた水」を猫に与えるのは良くないということが言われていました。

そこで、ハミガキサプリに関してですが、こちらの商品は、猫に使用しても問題ございません。というのも、具体的に分析試験も行っており、「ハミガキサプリ」に含まれる有機体炭素(TOC)は、46㎎/Lであり、そのうち、マグネシウム(Mg)やカルシウム(Ca)は下記の通りです。

マグネシウム 68ppm カルシウム  210ppm

1ppm = 0.0001%、ですので、それぞれ0.3㎎/L、1㎎/Lと超微量です。通常の使用で気にされるほどではございません。比較として、水道水のミネラル以下程度ですのでご安心下さい。

■ミネラルウォーターに含まれるミネラル成分はどの位なのか?
1リットル中のMgとCaの含有量は一般的に「硬度」で表されます。 含有量が多いと硬度が高く「硬水」と呼ばれ、逆に少ないと硬度が低く「軟水」と呼ばれます。

軟水          0 - 60未満
中程度の軟水(中硬水)60 - 120未満
硬水         120 - 180未満
非常な硬水         180以上  世界保健機構(WHO)基準

例:サントリー天然水南アルプス:硬度30、六甲のおいしい水:硬度84、エビアン:硬度291、ヴィッテル:硬度307 等


■水道水の「硬度」について
水道局のサイト参照 札幌市34、東京都60、名古屋市18、大阪市43、福岡市39
日本では一般的に、硬水が日本人の口に合わないため、硬度100mg/L以下に抑えられています。場合によっては水道水よりもミネラルウォーターの方が硬度が低いというケースもあり、またその逆の場合もあります。

猫のストルバイト結石や腎臓病に影響を与える成分は入っていないのでしょか?

猫にはフルボ酸は結石しにくいので問題ございません。ハミガキサプリの分析値ではカルシウムは157ppm、マグネシウムは51ppmを含んでいます。これらのミネラルはハミガキサプリに含まれている有機物117ppmと「結合」しているので、カルシウムやマグネシウムが結石しません。一般にミネラルが200mg/ℓ以上含まれるとスケールの付着を起こし結石しやすくなりますが、フルボ酸は、ミネラル豊富でもスケール化を起こさないので結石による障害が起こらないことがわかっております。

ハミガキサプリに賞味期限はありますか?なぜ書いてませんか?

通常の歯みがき剤と同じ、3年は有効です。
部類が雑貨なので、賞味期限の設定は不要ですが、原料メーカーの実験で、3年間は液の状態に変化なしと結果がでております。
ただし、高温や直射日光の当たらない場所で保管してください。

ハミガキサプリのボトルに浮遊物が浮いているのですが、大丈夫ですか?

ハミガキサプリは、フルボ酸100%の天然成分のため、ビタミン、ミネラルなどの他、有用な微生物(納豆菌の一種など)も含まれており、日光や光などが当たり過ぎたり、高温の環境下では、有用菌がもやもやっとした浮遊物のようなものを出すことがあります。
天然成分のため、まれに沈殿物が生じることがございますが、品質には問題ございません。もちろん、有害なものでもなく、口に入れても安全なものです。なお夏場は、品質を維持するため、冷蔵庫での保存をお薦めしております。

循環式の給水器を使用しておりますが、適量が300mlに対して3~4回程度プッシュというのは、具体的に何mlぐらいなのでしょうか?1回の給水に、約1200ml程入れますので、それに対し何mlぐらいが妥当なのかを教えて下さい。

循環式の給水機で利用されている方もたくさんいらっしゃいます。除菌効果があるので、循環機内の余計な雑菌が繁殖を防ぐ効果もあります。まず、だいたい、5kgの犬の場合の水分摂取量を目安として3〜4回プッシュとさせて頂いております。
具体的には、ハミガキサプリの吐出量は、1回0.2mlです。1本で100回分ございます。給水に、約1200mlございますと、効果が実感できるのは、やはり、2ml=10回分くらい必要かと思います。

ハミガキサプリは飲んでも安全とありますが、きちんとろ過しているのですか?

抽出液は、0.3μm以下のフィルターを用いて濾過しております。

この濾過を行なうことにより、雑菌の除去、浮遊物、懸濁物または経時に沈殿を起こす不溶性物質の排除を行なうことができ、飲料に適した透明な清水を得ることができております。

飲料水規格にも合格しておりますので、ご安心下さい。

ハミガキサプリの容量20mlは少ないように見えますが、大容量はないですか?

直接お口に入れる場合は、1日2~3回程度で33~50回分。飲み水に入れる場合は、1日3~4回程度で、25~33回分です。だいたいの飼い主様は、月1本交換されている方が多いかと思います。また、他社が出されているような、飲み水に入れるタイプは、大容量250~300mlなどのボトルに入っているため多く見えますが、すでに希釈し、水で薄めてあるタイプです。
当社のハミガキサプリは、独自の製法で充填しているフルボ酸の原液でございますので、使用量も少量で済ますことができます。また、多頭飼いや頻繁に利用されている方から、大容量の要望もございますので、今後、商品化は検討させて頂きます。

ハミガキサプリは防腐剤フリーとのことですが、なぜですか?使用期限はいつまでですか?

ハミガキサプリは、水で希釈しておらず、フルボ酸原液100%を使用し抗菌除菌効果が高いため、防腐剤を入れなくても品質を維持することが可能です。また、未開封で3年間は品質に問題はございませんが、商品の流通上、高温や直射日光等の影響を考慮し、弊社では2年間(パッケージ横に記載)とご案内しております。開封後は、高温や直射日光を避けて保管頂き、夏場は品質を維持するため、冷蔵庫での保存をおすすめしております。

ハミガキサプリで使用されているフルボ酸の原産地はどこですか?

日本製です。九州地方の約8000年前の地層から発酵・熟成した腐植土を原料にしております。

 

ゼオライト

ゼオライトは安全なものですか?

当社のゼオライトは、農林水産省認可の飼料用の良質な天然ゼオライトを使用しております。飼料に添加し家畜に与えることで、ゼオライトの優れた陽イオン交換能力、吸着性能とゼオライトの成分や各種ミネラルが消化機能を増進し、胃腸を整え、体内の有害菌を吸着して体外に排出させるなど、家畜の発育を促進させることが認められております。

ゼオライトハミガキの全成分を教えてもらえませんか?

使用している全ての成分は食品原料由来のものです。詳細は以下をご覧ください。
ゼオライトハミガキ成分解説表

ゼオライトは歯や歯ぐきを傷つけたりしませんか?

ゼオライトで歯を傷つけることはありません。ゼオライトの硬さは、モース硬度※(4~5)ですが、犬の歯は、それよりも硬い(6~7)のため、一般的に同じ大きさのゼオライトの塊でも傷つきません。その上、当製品のゼオライトは、ミクロ状のパウダーにし、保湿剤を30%配合しているため、歯ぐきに対しても優しく、安全に使用できます。
※モース硬度とは、主に鉱物に対する硬さの尺度の1つ。硬さの尺度として、1から10までの整数値を考え、それぞれに対応する標準物質を設定する。

ゼオライトハミガキのPHはどれくらいですか?

こちらの値は、PH5.9です。ゼオライトは、アルカリ性のため、クエン酸などを配合し、PH調整を行っております。

ゼオライトハミガキは、防腐剤が配合されており、心配です。大丈夫ですか?

カビや細菌などの発育を抑制し、食品の保存性をよくし、食中毒を予防する保存料として、わずかに微量ながら防腐剤も配合しております。当製品の防腐剤は、清涼飲料水、シロップ、しょう油、菓子などに使われている比較的安全と言われている防腐剤です。

ゼオライトハミガキを使用しての歯磨き後にうがいができませんが、食べても安全ですか?

製品は、すべて食品原料由来を100%使用しております。歯磨き後のすすぎも不要です。また、主原料のゼオライトは、体内の有害物質などを排出するために、家畜(牛、鶏、豚)の飼料にも使われる優良なゼオライトを使用しておりますので、食べても問題ありません。

ゼオライトハミガキは、泡立ちや味はあるのですか?

界面活性剤(発泡剤)不使用ですので、泡立ちはございません。また、チキン味などの香料を配合すると、食べ物と間違えて歯ブラシを噛むため、本来の歯磨きを正しく行えるよう、無香料にしております。ただし、嫌がらないよう、ほんのり甘めな味にしております。

ゼオライトハミガキの色が緑色なのはなぜですか?

通常、歯磨き粉を白くするには、炭酸カルシウム(研磨剤)などを配合し白い色を出します。当製品は、炭酸カルシウムは使用せず、ゼオライトを主原料にしております。天然ゼオライトの配合率がかなり高いため、濃緑色となりますが、品質に問題はありません。

口が臭いのですが、ゼオライトハミガキに消臭効果はありますか?

ゼオライトは、アンモニアに対する吸着力に優れ、猫用トイレの原料としても知られております。実際に防臭効果はございますので、口臭の軽減も期待できます。

主成分ゼオライトは、どのような効果がありますか?

歯ブラシにつけ、歯をこすることで、物理的に歯垢を剥がしとります。また、ゼオライトのミクロ粒子パウダーが唾液中のカルシウムイオンを捕捉し、歯石が沈着するのを抑制します。人間用でも古くから歯石予防によく知られており、古くは昭和14年にから登場し、現在も多くの歯磨き粉で、歯石予防に利用されております。

ゼオライトハミガキは、一度にどれくらいの量を歯ブラシにつけるのですか?

1回の目安は、0.5gくらいで、あずき粒小程度です。(小型犬基準)また、汚れ度合いによって、容量も増やしても問題ありません。1日1回使用で、30~40日分があります。

ゼオライトは有害物質を吸着しますが、体内のタンパク質は吸着されますか?

ゼオライトの表面は肉眼では見えないものの、スポンジのように無数の穴をもつ多孔質構造によって、水素、窒素、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウムなど多くの物質を吸着しますが、体内のタンパク質のみを吸着することはございません。

上記に知りたい質問がない場合は「その他のよくあるご質問」もご覧ください。

よくあるご質問のトップへ戻る

ページトップ