お口のトータルケア。360°歯ブラシのビバテック

よくあるご質問

口腔ケアに関するよくあるご質問 口腔ケアブラシ

口腔ケアブラシは特殊な歯ブラシで福祉用具なのですか?一般用なのですか?

どちらとも言えません。福祉用具は、要介護者の自立を促し、介護者の負担を軽減するのが目的です。この360°型歯ブラシは、一般の方が多く使われていますが、障害者歯科学会で発表されて以来、心身障害者(児)や高齢者の方々にも使われ、要介護者の自身が使いやすいだけでなく、介護者の介助磨きとしても使われ歯磨きの負担を軽減しているということから、福祉用具とも言えます。しかし、健常者、障害者、高齢者の区別なく、誰のお口にも優しいので、わたしたちはユニバーサルデザイン歯ブラシであると認識しております。

  • 口腔ケアブラシを介護の現場で利用しておりますが、消毒・殺菌はどうしますか?
  • <従来の歯ブラシと同様です。>下記に当社製品を利用している施設の参考例をあげておきます。
    使用不可×:熱湯消毒、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌装置)
    以下は、病院や診療所などで、使われている滅菌方法。
    ホルマリンガスによるガス滅菌器 療器具の滅菌・歯ブラシなどの滅菌です。ガスを使用しているため熱に弱い歯ブラシやプラスチックなどほとんどのものが滅菌可能。
    グルタールアルデヒト
    (科学的滅菌剤)
    広範囲の微税物に対して有効。
    以下は、家庭で自分用歯ブラシとして使用している場合の殺菌方法。
    ヒビテン(手指消毒用薬液=グルコン酸クロルヘキシジン) 「殺菌消毒剤」の1種で、最近では、おもに虫歯や歯周病を予防する目的で、市販の歯磨きや洗口剤(マウスウオッシュ)等にも配合されている。
    逆性石けん(陽イオン界面活性剤=塩化ベンザルコニウム) グラム陽性菌、グラム陰性菌、多くの真菌に有効です。実用濃度では皮膚粘膜に対する刺激性が少なく臭気もほとんどないので、粘膜などの生体消毒に使用。
    次亜塩素酸ナトリウムなどの塩素系消毒薬 次亜塩素酸ナトリウムで有効な細菌はチフス菌・大腸菌・ブドウ球菌・サルモネラ菌などです。広く一般消毒に使用できます。
    以上は、あくまで参考例です。専門家とご相談の上、ご使用下さい。

上記に知りたい質問がない場合は「その他のよくあるご質問」もご覧ください。

よくあるご質問のトップへ戻る

ページトップ