お口のトータルケア。360°歯ブラシのビバテック

360°歯ブラシができるまで

ビバテック社は、2003年に「360°歯ブラシ」の開発に成功し、特許を取得しました。
近年、健康への関心やオーラルケアへの意識が高まる中、誰もがより高品質で高精度の製品を求めております。
当社は、高齢者向け・乳幼児・幼児向け・ペット向けなど、より専門性の高い製品を開発し、
国内のみならず海外にも目を向け、高品質で独自性の高い製品を広く製造販売していきます。
ここでは、360°歯ブラシの製造の流れをご紹介致します。

匠 大阪の元気!ものづくり企業

1

歯ブラシの持ち手部分は、小さなお子様
から高齢者・障害のある方まで持ちやすさ
を重視したデザインとなっております。

360°歯ブラシができるまで 1

2

植毛は、広大な大自然のある長野県で生産
しております。特許製法により作られた羽
(はね)は一枚に1,000~2,000本植毛されて
ます。この羽と羽の間にワッシャーを挟み、
ピンに差し込むまでを機械化しております。

360°歯ブラシができるまで 2
360°歯ブラシができるまで 2 360°歯ブラシができるまで 2
360°歯ブラシができるまで 2 360°歯ブラシができるまで 2

3

歯ブラシの柄の部分は、まず射出成型機により歯ブ
ラシの柄の部分を作ります。歯ブラシの柄の材料を入
れ、形を作っていきます。ドロドロに溶かした材料を
型に差し込み力を加えて固めます。固めた材料を型か
ら取り出し、繋がっている柄を1本1本切り離し、形
を整えると歯ブラシの柄の完成です。

360°歯ブラシができるまで 3
360°歯ブラシができるまで 3 360°歯ブラシができるまで 3

4

その後、検品工程へ移ります。差し込んだ先端が、
環状毛とワッシャー(隙間)とを重ね合わせ、それ
ぞれ独立した6~9段のブラシ束が優れた清掃効果を
実現できるよう、毛の曲がりがないか、割れや汚れが
ないかなど、1本1本、手作業でチェックします。

360°歯ブラシができるまで 4 360°歯ブラシができるまで 4
360°歯ブラシができるまで 4

5

次に圧着工程を行います。
先端部分を固定するために超音波溶着を行うことで、
歯ブラシの毛が固定され、まったく抜けないように
なります。当社は、ベビー用やペット用なども商品
化しているため、毛が抜けないよう慎重を期してお
ります。

360°歯ブラシができるまで 5
360°歯ブラシができるまで 5 360°歯ブラシができるまで 5

6

次にパック、箱詰め加工前に再び検品を行います。
羽にバリや割れや汚れ、バラつきがないかなど、1本ずつ植毛不良を目視
してチェックします。また歯ブラシの柄が曲がり、圧着のズレなども念入
りに1本1本チェックし、高品質を保っております。

360°歯ブラシができるまで 6
360°歯ブラシができるまで 6 360°歯ブラシができるまで 6

7

最最終パック、箱詰めを行います。
それぞれの商品の台紙や箱を用意し、1本1本丁寧
に手作業で箱詰めして仕上げていきます。
360°歯ブラシのトップメーカーとして、ベビーか
ら介護用まで、国内・海外へ年間100SKU以上を常
時販売しております。

360°歯ブラシができるまで 7
360°歯ブラシができるまで 7 360°歯ブラシができるまで 7

完成です。
完成した商品は、全国の小売店など約1万件、海外10か国以上約1万件へ
出荷されていきます。
皆様の健康に役立つ商品を日々生産しております。

ページトップ