歯ブラシの歴史メニュー

歯を磨くということ
古代人の歯磨き
歯と宗教の関わり
歯ブラシの原型は?
中世イスラムの習慣
歯ブラシの進化
歯ブラシの名称由来
日本の歯口清掃
平安美女の口臭
植毛歯ブラシ誕生
歯の詩【落歯】
歯ブラシと歯磨き 
電動歯ブラシ
歯磨き剤について
歯ブラシの近代期
これからの歯磨き
360°歯ブラシとは?





 
歴史の講師 シグマくん

歴史の講師
シグマくん
歯ブラシの歴史 歯ブラシの歴史
 

■ 歯ブラシの歴史 ■

2、古代人の歯磨き 〜昔はどうしてたの?

 
歯ブラシの歴史 歯ブラシの歴史 歯ブラシの歴史
歯ブラシの歴史

歯ブラシの歴史 前のページへ 歯ブラシの歴史 次のページへ

歯ブラシの歴史講義

原始の人々は、硬くて繊維の多いものを食べていたことはよく知られるところである。だから、比較的虫歯も少なかった。彼らは、歯の隙間に挟まった食べかすを取り除くために、生活圏内の草や小枝を使って取り除いていた。前一九世紀バビロン第一王朝が成立。以後、カッシート人・アッシリアの支配を経て、前六二五年から前五三九年にかけて新バビロニア王国が栄えた。

紀元前5千年のバビロニア人は、食前に必ず麻の繊維を指に巻き、歯の清掃をしていたという。そうして歯磨きは、バビロニア人からギリシア人へ受け継がれていく。さらにギリシア人は、さらに口をすすいで歯ぐきにマッサージを施すことを考案したと言われている。

*歯磨きとは、歯だけを磨くことではなく、歯と歯の間の汚れを取り、マッサージすることなのである。

 宗教的な慣習の中でも、口内衛生の意識は、紀元前から具体的な形をとって存在していた。例えば、日本における歯ブラシの起源として、6世紀に仏教伝来ともに伝えられた「歯木」で、この習慣は、仏教経典に楊枝による浄歯が一儀式としてあった。それが、歯や舌を清掃することとして始まったといわれている。


歯ブラシの豆知識

「歯を喰う虫」:

帝政ローマ時代の歯磨剤は、動物の骨を焼いた骨灰や卵の殻を焼いた灰を用いて歯磨き粉をつくったらしい。時には、含嗽剤として朝夕に採った少女や、処女の尿で含嗽したという。そもそも、むし歯の原因は、AD1世紀の古代ギリシャ時代から、18世紀まで「歯を喰う虫」と歯医者もそう思いこんでいたらしい。19世紀初頭から、どうも違うようだと疑いが始まる。

やがて、コッホやパスツールらによる細菌学の発展に始まり、この細菌学の発展とともに、19世紀中ごろから数多くの病原菌が発見され、歯科医学においても今日の口腔衛生の基盤となる口腔細菌が発見されている。
 

歯ブラシの歴史 前のページへ 歯ブラシの歴史 次のページへ



VIVATEC/口臭予防、歯周病予防に。快適マッサージ&ブラッシングの360°歯ブラシ「デンタルシグマ」は特許取得済!

Copyright (C) 2003-2006VIVATEC. All Rights Reserved.
             会社案内 サイトマップ