歯ブラシの歴史メニュー

歯を磨くということ
古代人の歯磨き
歯と宗教の関わり
歯ブラシの原型は?
中世イスラムの習慣
歯ブラシの進化
歯ブラシの名称由来
日本の歯口清掃
平安美女の口臭
植毛歯ブラシ誕生
歯の詩【落歯】
歯ブラシと歯磨き 
電動歯ブラシ
歯磨き剤について
歯ブラシの近代期
これからの歯磨き
360°歯ブラシとは?





 
歴史の講師 シグマくん

歴史の講師
シグマくん
歯ブラシの歴史 歯ブラシの歴史
 

■ 歯ブラシの歴史 ■

15、歯ブラシの近代期 〜大阪が1番だった

 
歯ブラシの歴史 歯ブラシの歴史 歯ブラシの歴史
歯ブラシの歴史

歯ブラシの歴史 前のページへ 歯ブラシの歴史 次のページへ

歯ブラシの歴史講義

日本では19世紀後半から諸外国との交流が盛んになり、歯科医学においてはアメリカからの影響が非常に強くなった。

19世紀後半ころまでは、江戸時代に見られた楊枝、房楊枝や爪楊枝での歯の清掃が盛んであったが、明治になって、西洋文化の影響を受けるようになり、植え込み式の歯ブラシが製造・販売がされるようになった。歯ブラシの近代期 〜大阪が1番だった

植毛に国内で豚毛を使うようになったのは、関東大震災後で、それまで使われていた牛や馬の毛が不足したことから、その代わりに使われるようになったという。

類似したものとしてわが国には伝統的な「はけ」等の継承があるものの、ブラシには、これらの工程には見られない「植毛」などの技術が必要とされており、歯ブラシ産業は全くの外来産業である。

わが国の歯ブラシを含めたブラシ生産は、明治7年政府が鎮台用の刷子の製作を促したのが始まりと言われている。ブラシ製造は明治38年頃、大阪市内や八尾市内の工場で始まり、大阪は、昭和45年頃まで我が国唯一の産地であり、現在でも、大阪が全国一の出荷額である。


歯ブラシの豆知識

歯ブラシの流通経路:

歯ブラシは一般消費者用の場合、メーカーが自社系販売会社、または、石鹸、洗剤、化粧品雑貨卸ルートを通じて小売店に流通している。

歯科医院へは歯科材料や器具用具を扱う卸経由で流通するが金額的には小さい。

宿泊施設向きの業務用歯ブラシは主に旅行代理点系の業務卸を通じて、ホテル、旅館に販売されている。量販店はPRIVATE BRAND商品をメーカーにOEM生産させて販売している。

歯ブラシの歴史 前のページへ 歯ブラシの歴史 次のページへ



VIVATEC/口臭予防、歯周病予防に。快適マッサージ&ブラッシングの360°歯ブラシ「デンタルシグマ」は特許取得済!

Copyright (C) 2003-2006VIVATEC. All Rights Reserved.
             会社案内 サイトマップ