歯ブラシの歴史メニュー

歯を磨くということ
古代人の歯磨き
歯と宗教の関わり
歯ブラシの原型は?
中世イスラムの習慣
歯ブラシの進化
歯ブラシの名称由来
日本の歯口清掃
平安美女の口臭
植毛歯ブラシ誕生
歯の詩【落歯】
歯ブラシと歯磨き 
電動歯ブラシ
歯磨き剤について
歯ブラシの近代期
これからの歯磨き
360°歯ブラシとは?





 
歴史の講師 シグマくん

歴史の講師
シグマくん
歯ブラシの歴史 歯ブラシの歴史
 

■ 歯ブラシの歴史 ■

14、歯磨き剤について 〜潤滑油?!

 
歯ブラシの歴史 歯ブラシの歴史 歯ブラシの歴史
歯ブラシの歴史

歯ブラシの歴史 前のページへ 歯ブラシの歴史 次のページへ

歯ブラシの歴史講義

歯を綺麗に美しく保つためには、そのほとんどが歯ブラシの機械的作用、物理的作用によるものであり、歯磨き剤は補助的なものである。歯を健康に保つためには、歯ブラシそのものの形態や質、その使用法、使用時期が問題である。歯磨き剤について 〜潤滑油?!

ところが、多くの人は、歯ブラシの潤滑油的存在である歯磨き剤に気をとられ、その原動力である歯ブラシに、あまり関心を払おうとしないと歯科医は指摘する。

あくまで、歯磨き剤は補助的存在に過ぎないのである。誰もが、歯磨き剤を使えば、スカッとし、磨いた気になってしまうものであるが・・・。化粧品・医薬部外品の歯磨き剤ともに基本的には清掃効果を期待したもので、選び方は好みでよい。

形状には次のものがあるが、現在市場に出回っているものの約90%が練歯磨である。@練歯磨(研磨剤は粉歯磨の1/2程度の含有)A液状歯磨(研磨剤、粘結剤を含むゲル状の歯磨剤)B液体歯磨(研磨剤・粘結剤は含まない)C水歯磨(主に口臭の予防・除去用)Dその他


歯ブラシの豆知識

日本最初の歯磨き粉:

明治23年、「日本初の練り歯磨き」福原商店(現資生堂)がDr.長井長義の分析証明つきで「福原衛生歯磨石鹸」と言う名前で発売。海軍の軍艦用として使用されたようである。我が国の練り歯磨き第一号と言われている。

また、練り歯磨の容器として押出し式チューブが使用されるようになったのは1850年(嘉永3年)にアメリカでできたシェーフィールド練り歯磨が最初だと言われているが、日本では、60年後の明治44年(1911年)にライオンが発売した「ライオン固練りチューブ入り歯磨」が最初である。

歯ブラシの歴史 前のページへ 歯ブラシの歴史 次のページへ



VIVATEC/口臭予防、歯周病予防に。快適マッサージ&ブラッシングの360°歯ブラシ「デンタルシグマ」は特許取得済!

Copyright (C) 2003-2006VIVATEC. All Rights Reserved.
             会社案内 サイトマップ