歯ブラシの歴史メニュー

歯を磨くということ
古代人の歯磨き
歯と宗教の関わり
歯ブラシの原型は?
中世イスラムの習慣
歯ブラシの進化
歯ブラシの名称由来
日本の歯口清掃
平安美女の口臭
植毛歯ブラシ誕生
歯の詩【落歯】
歯ブラシと歯磨き 
電動歯ブラシ
歯磨き剤について
歯ブラシの近代期
これからの歯磨き
360°歯ブラシとは?





 
歴史の講師 シグマくん

歴史の講師
シグマくん
歯ブラシの歴史 歯ブラシの歴史
 

■ 歯ブラシの歴史 ■

10、植毛歯ブラシ誕生 〜ついに歯ブラシ

 
歯ブラシの歴史 歯ブラシの歴史 歯ブラシの歴史
歯ブラシの歴史

歯ブラシの歴史 前のページへ 歯ブラシの歴史 次のページへ

歯ブラシの歴史講義

西洋では、植毛歯ブラシは、18世紀後半に英国人アディスという人物によって作られたのが始まりといわれる。当初は、骨の柄に穴を開けて自然毛を針金で留めたものが、現在の歯ブラシの初期形態と見られる。植毛歯ブラシ誕生 〜ついに歯ブラシ

日本では、庶民に浸透した清掃用具である「歯木」が房楊枝という名で大正のころまで使われている。現在のような歯ブラシは、明治初期に西洋文化とともに流入した西洋歯ブラシの模倣品を作製したことに始まるという。

初めは、歯ブラシは製造されたが、歯ブラシ自体への関心は薄かったようである。歯ブラシが一般に普及し始めたのは、明治20年代のころで、清掃用具として完全に位置づけられたのは、もう少し後になってからである。 
 
一方、すべてが手工業であった歯ブラシ製造も、1884年(明治17年)ころ、綿撚車の回転を応用して、柄の穴あけが機械化されるようになった。しかし、歯ブラシ生産の本格的な機械化、材料などの研究開発は、戦後になってからである。また、歯ブラシの素材にナイロンが使われたのも、日本は戦後になってからであった。


歯ブラシの豆知識

ナイロン:

今では歯ブラシと言えばナイロン製に決まっているが,そのナイロン製歯ブラシが誕生したのは62年前の今日 2 月24日だった。米国はニュージャージー州アーリントンのデュポン社の工場で,1938年 2 月24日,歯ブラシ用のナイロンの毛の生産が始まっている。

奇跡の繊維と呼ばれたナイロンは,長年の合成繊維開発への努力の末,Wallace H. Carothers(1896〜1937)を中心としたデュポンの化学者たちによって1935年に発明された。生糸のようにしなやかで光沢があり,はるかに丈夫なナイロンは,38年から本格的に大量生産された。

歯ブラシの歴史 前のページへ 歯ブラシの歴史 次のページへ



VIVATEC/口臭予防、歯周病予防に。快適マッサージ&ブラッシングの360°歯ブラシ「デンタルシグマ」は特許取得済!

Copyright (C) 2003-2006VIVATEC. All Rights Reserved.
             会社案内 サイトマップ