【 ベビーから介護まで  360°歯ブラシで、お口のトータルケア 】

360°歯ブラシ テレビ新聞で話題の グッドデザイン賞受賞 特許製品 大阪歯科大学と共同開発 舌ブラシ 虫歯予防 歯周病予防
ベビーから介護まで お口のトータルケア ユニバーサルデザイン 世界初、360度歯ブラシ 問い合わせ殺到 歯科学会で公式発表 360度歯ブラシ
ビバテック ビバテック デンタルシグマ
ビバテック ビバテック
トップページ|Top page 大人用360°歯ブラシ|For adults 子供用360°歯ブラシ|For kids 口腔ケアブラシ|For senior ペット用歯ブラシ|For pets OEM360°歯ブラシ|For OEM ビバテック 会社概要|Company

what's new

ユニバーサルデザイン歯ブラシ■ デンタルシグマ360°歯ブラシ

 
歯ブラシ

「ユニバーサルデザイン(universal design)」という用語は、1990年代頃から使われました。ユニバーサルとは英語で「普遍的な,すべての」という意味であり、それをデザインする(作る)ことです。
 つまりユニバーサルデザインとは,製品,建物,環境を,あらゆる人が利用できるようにはじめから考えてデザインするという概念です。

universal
普遍的な、すべての人々の、全世界の
design
計画、構想、設計
テレビで話題 地球上には、小さな子供から、健常者・障害者、お年寄り、または性別や言語等様々な違いをもって暮らしています。人が持つそれぞれの違いを超えて,すべての人が暮らしやすくなることを前提としたこの概念は,アメリカの建築家であり工業デザイナーであった故ロナルド・メイス氏によって提唱されました。
 年齢・能力・人生の状態に関わりなくすべての人にとって製品や建築環境すべてが、美しく、できるだけ広い領域で利用しやすいものであるように設計する、という考え方を表明しています。
歯ブラシ

歯ブラシ 高齢化が進み、社会も多様化。
 個人の特性ごとに対応すれば時間とコストがかかる。
モノが増えるので、
環境にもよくない。
 個人の特性とはいつも同じであり続けることはありません。それは生まれ持った特性に限りません。年齢を重ねていくことで,老眼になって若い頃は当たり前に見えていた小さい文字が読めなくなったり,小さな音が聞きづらくなります。足腰も当然弱くなります。
 一時的にけがをして松葉杖を使ったり,場合によっては車椅子を使うこともあるかもしれません。しかし、このような変化の多い個人の特性ごとに合うモノをデザインしていくことは,大変時間とコストがかかります。モノがどんどん増えることは環境の面からもよくありません。
 したがって,はじめからいろんな個人の特性を考慮して誰もが使えるようにデザインしていれば,個人がどんな特性を持っても柔軟に対応できるようになります。ユニバーサルデザインはそうした個人の特性に初めから目を向けたデザインなのです。

溶着技術

 例えば、最近竣工した駅や公園の入り口に造られた、なだらかな坂道はその例です。階段があっても、車椅子は通れません。車椅子の方は、当然なだらかな坂道を使いますが、しかし健常者でさえも、階段となだらかな坂道があれば、後者の方がよく利用されるという報告もあるのです。

マッサージ

 ユニバーサルデザインは、多くの企業や自治体がそれを取り入れ、既に私達のまわりにたくさんあって当たり前になりつつあります。例えば、国際UD協会文具のコクヨ浴室・バスのTOTO家電の松下電器福島県静岡県神戸市 など数えきれません。

グッドデザイン
デンタルシグマ
360°歯ブラシ

歯ブラシ

 

 

 

ビバテック
 虫歯予防 原則1:誰もが公平に使用できる〜Equitable use 
歯ブラシ 360°型設計により、手首を返さずに使え、健常者、高齢者、障害者などどんな人でも公平に利用できること。(日本障害者歯科学会発表)

 歯周病 原則2:仕様における柔軟性がある〜flexibility
口腔ケア 毛が細く柔らかいので、単純に歯を磨くだけでなく、舌ブラシとして利用したり、歯ぐきのマッサージ用として利用するなど、自由度を高く設計。

 ビバテック 原則3:簡単で直感的な使用が出来る
    〜Simple and intuitive use
歯ブラシ 使い方が簡単で、テクニックが入らない。一般的な歯ブラシが、毛先やかかとなどを使って磨くのに対し、360°型は簡単な横磨き。(特許取得済)

 歯ブラシ 原則4:知覚的情報が用意されている
    〜perceptible information
ビバテック 素材やハンドルは、一般歯ブラシと同じ。毛はナイロンなどで、複雑な構造や素材は使用しない。

 特許 原則5:エラーに対する許容性がある〜tderance for error
360°歯ブラシ 小さな子供やダウン症の方が歯ブラシの毛を噛み切ったりしないように、ひっぱり試験を実施し、JIS規格の強度を通過。頑丈な構造。

 話題の商品 原則6:身体的負担が小さい〜low physical effort
歯ブラシ 毛の本数は普通の歯ブラシの10倍以上、少ない力で楽に使えること。グリップは握りやすいように、太めの肉厚。(グッドデザイン賞受賞)

 口腔ケア 原則7:アプローチおよび使用のためのサイズと空間が提供されている      〜size and space for approach and use
世界初 360°型を維持した上で、それぞれの口の状態に合わせて、子供用、大人用、介護用、ふつう、やわらかなど数種類を発売。

 
出典
THE CENTER FOR UNIVERSAL DESIGN  North Carolina State University


 

  ネットでのご注文 カート




Google